ブログ

ベランダからの雨漏り 街角にある愛

投稿日:

 

ベランダから雨漏りがすると言うことで、見に行った。

古いお客さんからの紹介だ。

築40年くらい。

90代のおばあちゃん。

 

 

雨漏りをとにかく直す

 

モルタルやアルミのベランダではない。

ベランダに防水シートが敷いてあり、それが破けている。

その下はコンパネという材木だ。

ほんとうはシートをはがして板を張り替えるべきなのだけれど。。。

 

そのベランダの下の部屋にベッドがあって、そこで寝ているのだという。

紹介してくれたお客さんは、すぐ近所なので、ひとり暮らしのここのおばあちゃんを何かと気づかっている。

「あと5年ももてばいいのよ」と小さな声で耳打ちした。

聞くと、セールスの人がきて、大掛かりにお金をかけて直すように言われ、何度も来たという。

「うーん。どうしましょうか」

「エボシさんなら…。なんとかして」

 

必要とされ、必要なことをする仕事ほどやりがいのあるものはない。

 

大掛かりにすると金額がかさむ。

「シートを補修して雨が入らないように何とかやりましょう」

「そういってくれると思った」

よーしと私の気持ちに火がついた。

単純な私は、タオルをねじり頭に巻いた。

電信柱のカラスがそれを見ていた。

 

心配だから、近所の方が入れ替わりやってくる

 

敗れた箇所をコーキングで補修し、頑丈な防水テープを貼る。

それから厚いゴム板を貼り、その周囲にテープを貼り、さらにテープのはじをコーキングする。

とにかく、なんとかする。

 

 

近所の奥さんたちが、おばあちゃんが心配で何人も見にきた。

最近は、セールスや信用できない業者もいるから。

なじみのお客さんが、この人は大丈夫だというと、安心して帰っていった。

 

「コーヒーを淹れるから、うちで一服して」

「私がお金を払っておくから」

そのお客さんは、おばあちゃんを気づかい、心配し、そして私にもとてもよくしてくれた。

それも一生懸命そうしていた。

それを楽しそうに、うれしそうにしていた。

 

誰かのために何かをすることに喜びを感じることが、この人はできる。

 

ここに、こんな近くに愛があったじゃないか、と私は思った。

 

思いやり。。。

気づかい。。。

心配り。。。

おたがい様。。。

 

そういうものに触れることができるから、この仕事を続けている。

仕事をしながら、そういうものに触れ、学び、癒され、自分もそうありたいと願う。

 

胸がじんとして、不覚にも涙目になっちゃったから、あくびをしたふりをしてごまかした。

 

愛はいたるところにある

 

おばあちゃんは、おそらくはよくわかっていなかったろうけれど、よかったよかったと手を叩いて喜んでくれた。

なじみのお客さんは、ありがとうを繰り返してくれた。

 

思いやりは愛のひとつだ。

愛は共有され、共鳴して、そして延長していく。

 

温かい人たちの中で仕事ができる喜びを、帰りの車でしみじみ感じた。

 

やたら安くしろとか、気持ちがざらつくような依頼もあるけど、そういう仕事は私は、もうお断りしちゃう。

波動が合わない。

困ったに対して向き合って、必要なことをして、その対価としてお代を頂くのが私の仕事だ。

 

街角に、愛はある。

暮らしの中にも、いつもあって、忙しいから気づかないだけなのかもしれない。

太陽や風や大地が宇宙の愛だとしたら、街の中に愛はたくさんあるのだろう。

 

奇跡のコースは、「愛はすべての人が完全な形ですでに持っている」と断言している。

 

そんなことを考えていたら、道を間違えた。

私は頭をごちんと叩いた。

-ブログ

Copyright© 小さな大工のエボシ 住まいの便利屋として湘南茅ヶ崎で創業22年 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.