イメージとしては街の修理屋さんです。湘南の住まいの修理全般お任せください。

小さな大工のエボシ 住まいの便利屋として湘南茅ヶ崎で創業22年

窓・ドア

木製雨戸の張り替え 

投稿日:

 

 

雨戸の張り替えをしました。

木の雨戸は、ベニヤを張り替えて対応できます。

使えるものは、修理で直して使った方がお得です。

 

 

 

古くなってしまい、このような状態でした。

 

古いベニヤをはがす

 

まずは外枠から古いベニヤを外します。

カッターナイフで、外枠とベニヤに切り込みを入れます。

こうしないと、古いペンキがくっついてきて、外枠が割れてしまう可能性があるからです。

 

 

 

裏返して、玄翁で叩いて枠をはずします。

この時、外枠に傷がつかないように、垂木などを充てるのがポイント。

 

 

片方の横の外枠を外して、そこから古いベニヤを引っぱりだします。

そうすると下のように骨組みだけが残ります。

 

 

 

新しいベニヤを貼る

 

耐水ベニヤを切りそろえます。

両サイドを10ミリくらい大きくとります。

溝に入る分ですね。

 

必ず耐水ベニヤを貼ります。

それで厚さは3ミリのもの。

2ミリでも対応できますが、年数がたった時ぶよぶよしてきちゃいますから。

雨戸の枠の溝にはめていきます。これがちょっとしたコツがある。

 

 

 

下までしっかり入れて。

 

 

はずした横の枠をしっかりはめ込みます。

雨戸は、また張り替えができるように、ボンドをつけてはダメなんです。

 

 

 

釘を打つために骨組みの場所に鉛筆で線を引きます。

 

 

 

そしてくぎを打っていきます。

必ず真鍮の釘を使います。

さびないように。

 

 

 

釘を打っていたら、子供のカマキリが遊びに来ました。

手を止めて、しばらく見ていました。

いつまでも逃げていかないので、手に乗せて、草むらに返しました。

しっかり大人になるんだぞ^^

 

 

ペンキを塗ります。

 

ペンキは木部はほとんどの場合、二度塗りする必要があります。

乾かしている時間にお客さんがおやつにと、サンドウィッチを作ってくれました。

ソーセージ、チーズ、キュウリ、トマト、それから愛情が挟んであって、バターの味が懐かしい感じで、気持ちが温かくなります。

 

小さな仕事をコツコツ廻っているので、けして大きな会社でもないしビジネスとして稼げる仕事ではありませんが、お客さんとの触れ合いとやりがいこそ便利屋さんのプライドです。

 

 

今日は、梅雨の晴れ間で天気もいい。

 

二度塗りして、乾かして元に戻して完成。

 

 

木の雨戸ははがれだすとすぐに、ぼろぼろとはがれてきて、見た目がどうしてもよくありません。

ベニヤの張り替えでこんなにきれいになります。

 

いつもありがとうございます。

-窓・ドア

Copyright© 小さな大工のエボシ 住まいの便利屋として湘南茅ヶ崎で創業22年 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.