大工 塗装 ウッドデッキ 植木 便利屋 茅ヶ崎 湘南

エボシ

大工

寒川の大工仕事 波板物置の修理 

投稿日:

 

はじめてのお客さんでした。

寒川のお客さん。

茅ケ崎のお友達から、私のことを聞いてくれたのだそうです。

 

修理できるものはなるべく修理でやる!

 

家の壁面に作りつけてある波板の物置が、古くなってしまって、新しくしたいとのことでした。

こんな感じ。。。

 

 

 

 

 

確かに波板がはがれかけているし、ところどころ、骨組みの垂木も傷んでいたりとれちゃっていました。

30年くらいとのこと。

だけど、土台はまだまだしっかりしているし、なおせば10年から20年くらいは持ちます。

昔の大工さんが丁寧に作っているのがわかります。

そのことを説明すると、あんたが稼げないけどいいのか。。。

住まいが築30年くらいだし、物置の土台はしっかりしているから、修理のほうがいいと提案しました。

あんた正直ね、となって、任せるからお願いね、ということに。。。

 

波板をはがし、垂木を補修

 

日程を組んで、別の日、でかけました。

まず波板をはがします。

そして、骨組みを直します。

傷んだ垂木を交換したり、間に補強で足したり。

 

 

波板を打ちつけてある傘釘というのが、さびていて、なかなか外れなくて一苦労。

 

 

ドアも結構傷んでいましたけれど、表面のベニヤをはがし、骨組みを直し、ベニヤを張りました。

 

 

波板を新しく張る

 

ドアのベニヤを張りなおすとこんな感じ。

 

 

きれいですよね。

それから蝶番を調整して傾きを直しました。

 

途中の写真は、作業に夢中で撮れませんでした。

こんな感じに仕上がりました。

 

 

 

 

2日の作業です。

 

感謝される喜び

 

まあよかったわあ。。。

きれいになって、うれしいうれしい。。。

あんたに頼んでよかった。。。

こういう言葉、私のつぼに入ります。

感謝される仕事ほど、すてきな仕事はないと思います。

 

人って、人が喜ぶとうれしいし、感謝されると単純にうれしい。

働く喜びって、こういうところですよね。

もちろん仕事だから、お金も大切ですけれど。

 

そして人と人として、接してくれること、接することができること。

それも仕事の喜びです。

 

お客さんは、九州の娘に見せるんだとスマホで一生懸命写真を撮っていました。

最後に、お客さんと私と物置の前で写真を撮りました。

それも娘さんに送るのだろうと思うと、なんだか、胸が、ぎゅってなりました。

 

茅ケ崎を中心に、寒川、藤沢、平塚、鎌倉、大磯など湘南でやっています。

いつもありがとうございます。。。

-大工

Copyright© エボシ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.