大工 植木 便利屋 住まいの修理全般 茅ヶ崎 藤沢 鎌倉 平塚 大磯 寒川

エボシ 大工 植木 便利屋 住まいの修理全般 湘南茅ヶ崎

大工

軒天 破風板の修理 小さな大工仕事 湘南茅ヶ崎

投稿日:

 

茅ヶ崎ではじめてのお客さん。

軒天と破風板を修理してほしいとのことでした。

行ってみると、なるほど軒天に穴があいていて、その周りも剥がれかけたり、べろんと垂れさがりそうになっていました。

写真では見えないけれど、破風板もずいぶん傷んで落ちそうです。

*軒天とは屋根の裏の白い部分、破風板とは雨樋がくっついている茶色の部分

 

 

 

工務店やリフォーム業者に頼むと大げさな工事になるとのことで、私に相談してくださいました。

築50年を超えている住まい。

大きな工事にする必要はないと判断。

穴の開いたところと、剥がれかけた部分は張り替え、上張りにして、それ以外はコーキングで補修して、この面だけを塗装することを提案。

破風板はその部分だけ外して取り替えることになりました。

 

で、予定を組んで数日後、早速仕事に。。。

 

軒天を剥がして土台を作り直し、破風板を交換

 

軒天はだいたい、ベニアです。

たまに石膏ボードの場合もあります。

ベニアは3ミリの耐水ベニアがほとんどです。

 

そいつを剥がしました。

写真では見づらいんですけど、剥がすと垂木の骨組みが見えます。

垂木も腐りかけてしまっていましたので、垂木を組み直しました。

 

破風板も部分的にカットします。

そのため、雨樋をよけて、なんとか屋根に固定させました。

 

 

これが結構大変です。

垂木は本体側にしっかり固定されているため、外すのに一苦労。

破風板も取り替えました。

破風板の交換は大変です。

細かく書くと難しいからはしょりますが、なんとも削り治したり調整したり。。。

 

屋根裏に、蛇の抜け殻がありました。。。

ここをちょっと間借りして、脱皮して旅立ったのでしょう。

私もそろそろ、今の自分を超えていきたいんですけれど。。。

 

とにかく細かな調整を繰り返し、骨組みは完成。

見えないけれど、土台はとにかくしっかりさせないといけないですから。

 

 

軒天の張り替え 上貼り

 

 

3ミリの耐水ベニアを貼りました。

 

 

剥がさなくていい部分は上張りしました。

上張りというのは、土台がしっかりしていて剥がすまでの必要がない場合に、下から重ね貼りをすることです。

 

隙間をコーキングで埋めます。

 

 

軒天が剥がれたからという依頼は結構多いです。

通常、足場を組んで大がかりになってしまいますが、1階部分や2階でもはしごで登れる時は、私は足場を組まずに、対応します。

 

軒天 破風板の塗装

 

次の日、塗装しました。

途中経過は写真撮っていませんので、完成写真がこちら。

 

 

 

手前味噌ですが、とても喜んでくださりました。

仕事冥利に尽きるのはこんな時。

仕事って、必要なことをしたり、誰かのために何かをしたり、困ったに対応して、それに対する対価を報酬としていただくことですよね。

金儲けじゃない。

そうやって社会、経済が廻っている。

自然の仕組みと同じですね。

太陽があり、水があり、空気があり、食物連鎖があり、お互い様で成り立っている。

大きなものに生かされている。

 

そんあことを考えていると、赤とんぼが飛んでいました。

空が、秋めいてきていました。

-大工

Copyright© エボシ 大工 植木 便利屋 住まいの修理全般 湘南茅ヶ崎 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.