大工 便利屋 住まいの修理全般 茅ヶ崎 江戸川 東京

小さな大工のエボシ 大工 便利屋 住まいの修理全般 

大工

茅ヶ崎での大工仕事 引き戸を自作

投稿日:

 

茅ヶ崎での大工仕事です。

ガレージに、引き戸をつけたいとの相談でした。

木製のガラスの引き戸を、知り合いから譲り受けたのでそれを活用したいとのこと。

リフォーム屋さんや工務店さんに相談しても、大がかりになってしまうとのことで、私に相談してきてくれました。

こんな感じのガレージ。

 

 

譲り受けたと言う引き戸。

昭和の感じでいいですね。。。

 

 

引き戸の枠から作る

 

相談の上、2バイ4の材料で土台を作ることにしました。

四方を材木で囲みます。

コンクリートの壁になるべく穴は開けたくないので、微調整して材木が動かないようにして、コーキングでしっかり固定させました。

それから上の桟、横の桟を作成。

 

上下の鴨居と敷居の設置

 

上の桟は、細い材木をつなぎ合わせ、鴨居のように自作しました。

これ、我ながらとてもうまくできました。

なかなか調整が難しいんです。

写真では見えづらいのが残念です。。

 

 

敷居は木製木戸用のレールをつけます。

これも幅の微調整が、ちょっと大変でした。

何度もやり直しました。

だけど、こういうのがやり甲斐のひとつです。

なにくそ、と言う気持ちになる。

 

 

壁を作る

 

何度も調整して、引き戸をつけます。

それから、針葉樹の合板を張りつけました。

いい感じです。

 

 

お客さんが着色ニスを持っていたので、それを塗りました。

 

 

戸の建て付けは調整が難しいです。

あっちを合わせれば、こっちが合わなくなる。

 

人と人として

 

たまに頼んでくれるお客さん。

私と同年代くらいの方で、私のお客さんとしては珍しいです。

私のお客さんはご年配の方(おばあちゃん)が多いというか、昔ながらのお客さんや、その紹介の方が

ほとんどです。

私は、正直、ご年配の方と接していて、若い人は少し苦手だったんです。

それは、ご年配の方の思いやり、相手を思う気持ちといつも向き合ってきて、若い人は少しそういうことが少ないというか、情がないというか(もちろんそんなことはなく、私の主観ですが)、そんな気がしていました。

だけど、ここのお客さんは、気持ちよく頼んでくださり、感謝してくださり、人と人として接してくださりました。

建てつけがうまくできたことより、ほんとうは、そのことがとてもうれしく思えました。

柔らかい気持ちで、家路につきました。。。

-大工

Copyright© 小さな大工のエボシ 大工 便利屋 住まいの修理全般  , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.